現代の食医 食べて飲んで生きる毎日

長野県で料理人/医者をしています。フィレンツェで料理人してました。

俗俗(ゾクゾク)したい

Buongiorno.

 

久々にキッチンに立つ。

フライパン握って、肉と玉ねぎに火を通す。

別の作業も並行するから、ほったらかしにされるフライパンと肉と玉ねぎ。

時間と音と匂いでタイミングを計る。

少しずつ肉と玉ねぎが気になってくる。

意識がフライパンにもって行かれて、手元がおぼつかなくなってくる。

いよいよその時が近づいてくると手元はいっそう言うことを聞かなくなる。

慌ててコンロに戻る。

 

「2秒後が最高だ、」

 

感性が訴えかける。

誰もその前後を比べることはできない。本当に2秒後が最高かは分からない。

関係ない。

 

「2秒後が最高だ、上げろ」

 

瞬時に火を止めて皿を手にとり、「最高」を注ぎ入れる。

誰ひとり取りこぼすことなく、丁寧に、急いで。

決まった。この瞬間が、僕の、この料理の、頂点だ。

 

 

 

高尚なことを考えてみせる。

世の中のためになることとか、人を救うこととか、誰かの幸せとか。

応用編みたいなところにある「幸せ」について考えてみせる。かっこいいから。

 

そのくせ自分のことがよくわからない。

自分が本当に「幸せ」な状態にいるのか、それに向かえる精神状態なのか、これまで培ってきた足枷に邪魔されて、思考が歪んでいないか。

応用編じゃない、純粋な、一次的な幸せはどこにある。

 

うまいものをつくった、満足できる棚ができた、かっこいい演奏ができた…。

なんでもいい。

美しいものをつくる」その瞬間に魅せられている。

他の誰かなんてその瞬間、頭の中にない。

「キマった!」と思えるその瞬間に向かって、孤独に、ヒリヒリしたLIVE感を積み重ね、アドレナリンを放出しまくる。

そして遂にゴールテープを切った瞬間の、沸き上がるドーパミン

脳の中を快感が駆け巡る。

 

その瞬間やその成果を、誰かと共有できたなら、もっと幸せだ。

これは二次的なもの。ドーパミンのあと乗せ。追いドーパミン

脳のシステムの中にここまで用意されているんだと思う。

一次的な瞬間がないと二次的なものは成り立たないけれど、ここまでくればきっと絶頂できる。

 

二次的な幸せのタイミングが、共有といういかにも人間らしいところにある。

ここに「俗」を感じる。

(※俗=なみ、普通、平凡。人間の社会性を抜き去ったところには生物的な俗だらけだと考える。漢字は「人が谷のように限られた型にいること」を意味する)

 

見てほしい、聞いてほしい、触れてほしい…。

誰かとの関わりの中でしか得られない「幸せ」に向かって人間は歩いている。

脳がそういうふうにできている。

高尚なことは後回しだ。

まず自分が満たされろ。

そのために「俗」にまみれろ。俗は人間のシンプルなものの積み重ね。社会に放り出されて誰かの俗と俗がかけ算されて、世のならわしが生まれる。俗×俗で「俗俗(ゾクゾク)」。社会のならわしは上澄みすら混濁しているけれど、そこに人間の本質が隠れている。

俗俗することをしたい。

LIVE感から生物的な幸せ、そして共有による二次的(人間的)な幸せ。

俗にまみれて、はじめて手に入る。

 

社会性で自らの欲求を隠して「私は応援側です」って世間に定型文を述べて、自らのLIVE感に蓋をして、せいぜい一次的欲求までで強制終了する。

LIVE感を人に共有しようとすると挑戦のタイミングが含まれてくるから、つい避けるクセがついてしまうのも分かる。

ただ、1回やり方が分かればできるようになってしまうものでもある。

チャンスがあるかどうか、そしてチャンスから逃げないでいるかどうか。

 

ゾクゾクすること知ってるのって「遊び方を知ってる」と同義だと思う。

ゾクゾクしてる瞬間が多そうな人って、よく遊んでると思う。

一次的、二次的な幸せについて十分知っちゃっているから、自分はある程度満たせていて、たまに高尚なことも考えられるんだろう。

これはまた別の話になるので、ここまで。

 

Buona giornata.

「本物」と一緒に

Buonasera.

年始の意気込みをまとめたり全然できず、ささっと2月がやってきた。

今年の目標は「『本物』と一緒に」にしよう。

 

「若月、あいつはいいな。あいつは本物だよ」

 

故・若月俊一先生の公衆衛生分野における長年にわたる業績を記念し、全国の保健医療分野で「草の根」的に活動されている方を顕彰するために制定された「若月賞」。第1回受賞者の1人、精神科医浜田晋先生が式の懇親会中にこぼしたひと言。

 

前々から持っていた「『本物』になりたい」という欲求。

たくさんの人と関わらせていただき、視てきた。

その中でたしかに感じる「本物」「傑物」的存在。会って話せば、そうなのか、そうでないのかは驚くほど簡単に分かってしまうと感じている。

人生の中で熟成してきた哲学は、立ち振る舞いと、使う言葉で十二分に伝わってくる。決して業績じゃない、仕事の内容じゃない、世間の評価でもない。「本物」は「本物」だ。その本質はすでに若い芽にさえ宿っている。年齢でもない。年齢が進んでいるほうが「本物」かどうかは分かりやすかったりするとも思う。あと大事なのは、相手を自分の五感(と第六感)で視ること。世間がその「本物」に対して口にすることを気にしないこと。世間と「本物」の区別って案外とこういうところだったりする。

 

僕自身が「本物」になりたいという欲求。

そこへ向かって心のつながりをもって一緒に歩いて行ける「本物」たちともっともっと出会いたい。「本物」を見つけ出したい。そして僕の中の「本物」に近づきたい。

「悟りを得る」ためには自身がそこへ向かうだけではなく、たどりつけば次の者を「悟り」へたどりつけるよう導くということをする宗派があるとどこかで読んだ。

「本物たち」が、先へ進むために肩を並べる。そういう環境に身を置きたい。

 

世間に声をかけられたとおりに半歩下がっている時間は、短い人生の中にはどこにもない。

今年も僕が「本物」に成るために、「本物」のいる場処へ。「本物」のそばへ。僕の中の「本物」を見つけるための旅に出つづけよう。

 

Buona serata.

「時間は有限だけれど伸び縮みさせられるもの」と説かれ、”焦り”と呼ばれたものに対して赦しを得たような感覚になった、「光のない夜」にインスピレーションを受けて。

 

 

「13月になってもいいのにね」

Buon anno!

 

 

12ヶ月で1周して、1から数えてまた12ヶ月。

「12月の次は、13月になってもいいのにね」

タクシーの運ちゃんのつぶやきが、2022年の審査員特別賞。

年が明けて完全にケリがついた2022年の振り返りから始めよう。

 

2022年最大の目標は「医師国家試験に合格する」。

これは2月半ばごろに「え、うそだろ叶っちゃった」くらいのテンションでクリアしてしまったので、以降10ヶ月は”ボーナスステージof人生”の心持ちで過ごすことになった。

「合格していなかった世界線」という心の置き場を想像して(本当に何度も何度も想像した)みると、目の前で起きること全部が1歩引いて考えられる。人生がRPGみたいな感覚。

「受かっていなければこんな素敵な体験できていない」

「受かっていなければこんなクソみたいな経験していない」

「受かっていなければこんな最高のご縁に巡りあっていない」

自分の人生を一歩”引いて”受け止められるようになったのが2022年。プレイヤーというワードに敏感になったのは、僕が僕自身を「プレイヤー1」として認識し始めたから?ちょっとした幽体離脱。流行りっぽくかっこつければメタ認知

二軸以上で自分を相対化できる状態が心地いいんだろうね」とご指摘いただいてここまでの人生が明るくなったのも良き思い出。医学生であり料理人。医学生でありお酒の普及活動。医学生であり農家へ行く。「〜じゃない自分」をつくることを無意識で求めて来たんだろう。

合格した僕/合格していない僕。本気で合格していない場合を想像したことで生まれたのは、人生の相対化。なあに、大した人生でないのだから、やりたいように身体動かせるように考え方のほうを変えればいいのだよ。

 

2022年を漢字にするなら「」か。

限られた人を引(惹)きつけたとも思うし、引きずり回した人もいたかもしれないし、たくさんの人を3歩くらい引かせた自信もある。どん引き上等。引っ張られたこともあったし、引っぱたかれた時もあった。引きづり出してもらったり、引き伸ばしてもらう機会も多々。

その経験のほとんど全てが、引き込まれた”ローカル”の文脈の中に。

生きる場所を決めてみるという選択は、間違っていなかったと思う。もっと生きれる。まだまだ生ける。

 

プレイヤー1は不運にも不幸にも不遇にもぶつかるんだろうけど、ゲームなんだから仕方ない。はじめから終わりまで調子の良い作品は後にも先にも見たことがない。

要するにそれじゃあ面白くないんだな。人を引きつけるものが、そう、困難がほしい。もっともっとほしい。

 

面白いほうへ、面白い人たちと、「大きくて美しいもの」を目指して。

僕のゲームは概ねそういうルールで動いているんだと自覚した2022年。

年をとればとるほどワガママになっている自分にはあきれるけど、諦めずに「自由」を目指して、仲間と手を取りあって歩いていきたい。

仲間っていいなって思えた年でもあったなあ。引き合うんだよな、君と僕。

 

反省すべきところも多々あって、”社会人”に擬態する術とかメタ認知不足とかいろいろあるんだけれど、1番はこれ。

役割として求められている「大きくて美しいもの」を示す力不足が年末にかけて急速に露呈した。

役割を果たすために努力する自分にchangeするのが2023年のテーマということで。

2023年はどんな漢字にするかな、なるかな。

抱負も改めてまとめてみよう。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。このご縁に感謝して。

Buon biaggio anche nel 2023!

 

 

 

 

 

 

 

病を病として受けとる私たちに求められること

生と死の話をしよう。

目の前の大切な誰かが病を患った。

あなたは心配をする。

彼/彼女のこれからの生を。訪れる死を。

 

本当にそうだろうか。

あなたが真に心配しているのは、あなた自身のことではないだろうか。

自分がそうなってしまったらどうしよう。だから、予防に興味をもつ。

これから見守る自分の生活が困窮したらどうしよう。だから、いくらかかることになるのかはっきりさせたい。

まだ「私から彼/彼女に対してやっていないこと」がたくさんあるのに死んでしまったらどうしよう。だから、彼/彼女の生を遠くに追いやろうとする。

その一生を通して、具体的には何もしないというのに。

どうしよう。どうしよう。どうしよう。

あなたが心配しているのは、つまり、あなたのことじゃないだろうか。

 

原因が老衰以外では納得ができない。

だから原因を探し、敵を見つけて恨み憎み、時に自己承認欲求を満たすために病を利用すらする。

あなたの人生は、そのあと少しでも豊かになったか?

 

「救えなかった、悔しい。」

エゴも自己理解の欠落もはなはだしい。

彼/彼女とともにあなたは生き切ったか?

人は生きて、死ぬんだろう?

そんなこと、出会ったときから分かっていただろう?

あなたの答えを出すことを先延ばしにしたのは、あなた自身だったろう?

 

病を病として受けとる私たちの心に、問題の本質が隠れていないだろうか。

 

===============

inspired by watching ”Meet Joe Black” and chatting with one of my best friend

他者の思考を方向付ける、つまり…

本に囲まれて寝た。

寝る前も起きても、目の前に本がある。

閉じた本、開いた本、いろんな状態の本がこちらを見ている。

所属する人間は本を求めている。

だからみんな本を読んでいる。

本を読んでいる他者が私を見ている。

 

私は自然と本を開く。

 

刷り込みや暗示など、本質はこういうことだろう。

空間は社会を方向付ける。

いわば洗脳のようなものは、空間がつくり、社会(=みんな)がつくるものでもある。

そこに人の意思が隠れている。

私の決断

2021年8月、大学も最終学年となり医師国家試験の準備が本格的になる時期。僕は札幌を離れ、1ヶ月間の「東京修行」に出ていた。来年から医師として長野へ行くということだけは決めていたあの頃。東京は面白くない、絶対に住まない、という今も根深い「東京アンチテーゼ」は僕の中で1周回って「1回住んで確かめよう」という決断になり、6月に友人に「東京でシェアハウスしないか」と誘われた2ヶ月後にはチャレンジを始めていた。東京のスピード感、人間の色、空気感。体感的には3ヶ月分の密度で駆け抜けた。東京で行われていること、人のエネルギーに影響を受け、そのエネルギーを受けて僕自身が、ドーピング的に、限られた期間高められたことも実感した。そして今「東京アンチテーゼ」は解像度が上がり、僕の中にある。「東京ではない場所で挑戦する」。決意が東京修行で高まった結果、この3ヶ月後に始まる「鋸南町修行」へとつながっていく…。

考える「地域医療」の姿

Buonasera.

 

地域医療とは何かと考えたときに、それは「地域において医療が回るようにシステムを構築する」と言うこととは異なるベクトルのものがあると考える。

 

僕は朝、ランニングをする。

町中を、郊外を走る。

走ると気づく。

高校生が電車を降りてくる時間とか、高齢者が歩いている場所とか、なんとなくある朝の集まりとか。

これを医師である僕が把握することが「地域医療」につながっていくと思う。

だから、僕のランニングは「地域医療」になる

 

地域に同年代が集まる場所がないようだったので「20代の会」をつくった。

これは人と人が関わる機会をつくったということで、関係性構築はお互いを支える力になりうると考えてのこと。

これから20代が地域の上の世代の技を継承していく機会もつくりたいと思っている。

名目は技の継承だけれど、そこにはやはり「関わり」の創造がある。

札幌でやりきれなかった「地域にセーフティネットを張る」ということが一貫した哲学になる。

だから「20代の会」も「地域医療」になる

 

人を想う気持ちがあれば、地域医療はすべて無手勝流でないだろうか。

答えのない問いなので、どれも答えになりうるし、それは批判とか少人数で頭をひねっていないで、とりあえず議論の場に挙げればいいのだろう。

 

Buona serata.